占い師が書いてる役には立たないかもしれない話


続 お酒と猫と音楽と…占い師月ノ宮浩ことsachiyaのつぶやき
by tsukinomiya-hiro
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
占い優占のホームページ
月ノ宮浩は銀座優占で水・木・金、鑑定してます。鑑定時間はpm1:00〜pm9:00までたっぷりありますが、お待たせしたり、お断りすることになると申し訳ないので、ご予約頂けると安心です。お問い合わせ、ご予約は銀座優占03−3546−0331へお気軽にお電話下さい。
鑑定料金など、詳しくは
占い優占のHPをご覧下さい。↓↓↓

http://www.euranai.net/
カテゴリ
検索
最新の記事
良いことがありますように!
at 2017-08-25 01:43
脚の痛みがスッキリ!
at 2017-08-08 21:09
お知らせです
at 2017-07-03 07:44
ツツジ
at 2017-06-03 20:58
“りょうしん”
at 2017-05-27 00:19
貧血ならビーツ
at 2017-04-28 00:04
鉄拳さんのパラパラ漫画
at 2017-04-12 03:21
いざという時のために
at 2017-04-11 21:32
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

良いことがありますように!

石垣島に行ったときに撮った写真です。
e0186586_02004502.jpg


日の入りを見るスポットと言うことで、1時間ぐらい空を眺めていました。
台風が近づいている時期だったので、雲の変化が目まぐるしく、結局日の入りは見えなかったのですが、雲の形の面白さを撮っていたら、上記のような写真が取れました。
皆様にはどんな風に見えますか?
私には人(観音様的な立ち姿)の後ろに虎が吠えているような形に見えて、携帯の待ち受けにしています。神々しい感じーのような。

その直前の雲はこんな感じでした。
e0186586_02004668.jpg


虎っぽいのは見えるけど、人の姿は見えません。

刻々と変わる雲の姿を見ているのは面白いもので、一瞬見せてくれる不思議な形、神秘的な形に出会えると幸せな有り難い気分になります。
今回もそんな有り難い時間でした。

[PR]

# by tsukinomiya-hiro | 2017-08-25 01:43 | その他 | Comments(2)

脚の痛みがスッキリ!

先月、母を連れて大明気功院に行って来ました。
なんでも1ヶ月ぐらいずっと脚の痺れと痛みが続いていたと言うのです。
病院嫌いの彼女が自ら病院で検査をお願いするほど、その痛みは酷かったようで、私は彼女が検査に行く1週間前にその話を聞いたのでした。

病院で治るものなら良いけど、そうでなければ気功院に行こう、と言ったところ、よほど辛かったんでしょうね、すぐに予約をいれてと言われました。

検査の結果、病名は脊柱管狭窄症。脊柱管が3ヶ所つぶれていて、神経が圧迫されているために出ている症状でしょうと。
薬が処方されましたが、痛みをとるためには手術が必要らしく、母ははじめから手術はしないと決めていましたから、気功院に行くまでの数日間薬を飲んで耐えていたようです。

そして施術の日を迎え、痛みがとれればいいんだけど、と気功の効果に半信半疑の母を連れて横浜に行ってきました。
施術の時間は30分くらいですが、脚の痺れと痛みはすっかり取れて、あの一ヶ月間はなんだったのかと言うくらいあっけなく問題解決したのでした。
今も痛みがぶり返さないと喜んでいます。

気功の基本は不通則痛ですから、良い気が通っていて、経絡の詰まりがなければ、基本問題ないわけです。詰まっていて通じてないから問題が起きる。と実にシンプルな話なのですが、訓練した者でないと気をコントロールするのは容易ではありません。施術の間、青島先生のやっていることを見ながら真似したり、家で出来ることを教えてもらったりするのですが、何がどう効いているのか自分で判断するのは難しいですね。まだまだ修行が足らんです。

さてさて、痛くて夜も眠れなかったと言っていた母が元通り元気になったので、父も安心した様子。
本当に気功院にはお世話になっています。
e0186586_21575629.jpg






[PR]

# by tsukinomiya-hiro | 2017-08-08 21:09 | 気功・ヒーリング | Comments(3)

お知らせです

いつもありがとうございます。
7/5水曜日はお休みを頂きます。
大変申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願い致します。
[PR]

# by tsukinomiya-hiro | 2017-07-03 07:44 | Comments(3)

ツツジ

e0186586_21020084.jpg

実家のツツジが綺麗だったもので。

[PR]

# by tsukinomiya-hiro | 2017-06-03 20:58 | その他 | Comments(0)

“りょうしん”

ツイッターを見ていたら、海外の監視カメラが捉えた泥棒(スリかな?)の動画がありました。
立読み中だか商品選び中だかの人の財布を抜き取った泥棒が監視カメラに気がついて、結局財布を返すまでを映した動画です。

犯罪の現場を捉えたものなのに、何だか微笑ましく感じてしまいました。

カメラに気づいてからの彼の表情、仕草、。何度も手を合わせて、盗った財布を床において、落ちてますよ、って感じで返す姿を見てたら、この人が悪いことしないで暮らしていけるようになるといいのに、と思わずにはいられませんでした。

見られてなかったら盗っちゃったんでしょうね。でも、見られているとわかって止めた。
彼にとって見ている相手は誰だったのでしょうね?

で、何となく思い出したのが「りょうしん」と言う言葉。

子供の頃悪いことするとよく言われたんです。「りょうしん」が痛まないのかって。
でも子供だったので「りょうしん」と聞いて思い浮かぶ知っている言葉は「両親」ぐらいだったのです。

両親が痛むって、なんだろう?悪いことすると親が傷つくってことかな?だからやっちゃいけないのかな?

と、そんな思考展開で悪いことは親が傷つくからしてはいけないのだ、と解釈していたのですが、「りょうしん」て、良心だったんですねー。

わからない言葉でも、その時知っている知識を総動員して解釈して納得していたその当時、どんな悪さで叱られたのかは思い出せませんが、( ̄▽ ̄;)

良心が痛まないのか、とか、良心の呵責を感じないのか、とか言われて躾られたのは、頭ごなしにいい悪いを押し付けられるより、自分で良い悪いを考えなきゃ答えがでない問いかけのようで今では懐かしく感じます。

泥棒さんの動画を見てこんなことを思い出すなんて、その泥棒さんの中に良心があると感じたからなのかな? (* ̄ー ̄)

e0186586_01042181.jpg

[PR]

# by tsukinomiya-hiro | 2017-05-27 00:19 | ひとりごと | Comments(2)