占い師が書いてる役には立たないかもしれない話


続 お酒と猫と音楽と…占い師月ノ宮浩ことsachiyaのつぶやき
by tsukinomiya-hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
占い優占のホームページ
月ノ宮浩は銀座優占で水・木・金、鑑定してます。鑑定時間はpm1:00〜pm9:00までたっぷりありますが、お待たせしたり、お断りすることになると申し訳ないので、ご予約頂けると安心です。お問い合わせ、ご予約は銀座優占03−3546−0331へお気軽にお電話下さい。
鑑定料金など、詳しくは
占い優占のHPをご覧下さい。↓↓↓

http://www.euranai.net/
カテゴリ
検索
最新の記事
“りょうしん”
at 2017-05-27 00:19
貧血ならビーツ
at 2017-04-28 00:04
鉄拳さんのパラパラ漫画
at 2017-04-12 03:21
いざという時のために
at 2017-04-11 21:32
お知らせです
at 2017-03-21 14:59
3.11
at 2017-03-11 13:47
お知らせです
at 2017-01-19 09:31
今年もよろしくお願いします
at 2017-01-05 08:49
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:タロット( 2 )


カード占いは「確率」じゃないみたい

全く占いに興味が無くて、占ってもらったこともないという知人(女性)に、
「カードの占いって、よく分からない」って言われてしまいました。

カードって、混ぜるじゃないですか。カットとかシャッフルとか。
手品でもない限り、あらかじめ決めていた札が決めていた場所に出るわけ無いじゃないですか。
つまり、並べられたカードは全て「偶然」そこに出てきただけなのに、
「なんでそれで占えるの?(相談に答えられるの?)」
と言うのがその人の疑問でした。

そうですよねー。
「偶然」並んだカードで質問に答える占い師に、
お金を払って悩みを相談するなんて、
「常識的な考え方」をすれば「ありえない」ですよね。

生年月日というデータを元に占ったり、手相や人相と言った、
今現在その人が表しているデータを元に占う占いと違って、
易とかタロットとかって、人によってはやはり受け入れにくいもののようです。

「だって、同じ質問をもう一回占ったらどうなるの?」
「同じ結果が出るの?」
「出るわけ無いじゃない」
と思うのが当然。

でもね、あるんですよ。
同じカードが出ちゃうこと。

今日自分のことを占っていてそんなことがあったので、昔受けた相談で起きたことを思い出しました。

その方(女性)は転職についての相談でみえました。
A社に行く方が良いのか、B社に行く方が良いのか、それを見て欲しい、
と言うのが相談内容だったのですが、
どちらも可も不可もなく、と言った感じで決め手に欠けます。
しかも、どちらを選んだ場合も最終結果を表すカードは
「死神」のカードで・・・。
占っている私の方が、これってどういうこと? って感じでした。
だから質問者にそのまま伝えたんです。
「どちらを選んでも結果は一緒と出てきました。さっきと同じ場所に同じカードが出てるでしょ。
Aに行ってもBに行っても結局やめて別の行動をするみたい」と。
その人、ハッとしたようで、
「実は自分で仕事を始めるつもりで、どちらに行ったにしても○月には独立するつもりでいたんです。
ほんとだ、さっきと同じカードが同じ場所に出てますね。
えー?だって、そんなにいっぱいカードがあって、ぐちゃぐちゃに混ぜていたのに、どうして?!」
不思議ですねー、とお互いに笑ってしまったんですけど、
そう言うことが起きるんです。

そもそも同じ質問を二回続けて占うと言うことは御法度だなんて易経には書いてあるくらいで
普通はそんなことはしないんですけど、
同じ質問を占い師を変えて占ってみても、その結果は同じ方向性を示しますし、
時間をおいても状況を変えていない限り、同じ問題を占えば、
その答えはやはり同じ方向性を示します。
(答えの伝え方にはその占い師さんの個性とか人柄とか経験が影響してきますけど)

で、自分のことですが、現在の状況はこれからどうなっていくかと言う質問で一回、
次に、ある人物との付き合いについてこれからどうなっていくかと言う質問でもう一回、
続けて占ったところ、
現状と結果に同じカードが出てきました。(7枚使う占い方で)
自分では「現状とこれからが知りたい」と言いながら、その人物との関わり方が一番の懸案なんだよ、と言うことをカードに教えられたようで、
ちょっとおかしくなって、「わかったよ」と笑いながらカードに言ってしまいました。

タロットの場合78枚のカードを混ぜて占うんですけど、
二回占って二回とも同じカードが現状と結論の部分に出る確率って何%なんでしょう?
(数学得意な人教えて下さい!)

占い優占のホームページはこちら!
http://www.euranai.net
[PR]

by tsukinomiya-hiro | 2009-08-06 20:34 | タロット | Comments(2)

便利なタロット占い

「先生は名前も生年月日も聞かないでカードだけで答えたので驚きました!」
と言われて、驚いたことがありますが、
質問の内容がハッキリしていて、それがどうなるのか知りたいときなんかは、
カードだけで答えが出るものなんです。
相談者が問題を上手にまとめて相談に来た場合などは、
問題に関係している人物の性質、その人物の思惑などもカードから読みとることが出来たりするので、
占星術を使うのはカードで読んだ人物像の確認のためだけだったり、なんてことも起こります。

以前電話で相談を受けていたときは、受付の方が相談者の名前、生年月日をあらかじめ聞いて伝えてくれていましたから、そのデータを使うかどうかは別にして一応ホロスコープ(西洋占星術で使う星の配置図のこと)を用意して相談に乗っていました。
でも実際に占う場合、私が知りたいのはまず相談内容ですから、内容によっては生年月日や名前は必要としないことがあるのです。
そんな時は西洋占星術は使わずに、タロットカードだけで見ていきます。

だから、タロット占いって便利なんですよ。

相談者によっては名前を言いたくない場合もあるでしょうし、
好きな相手の生年月日が分からない場合もあるでしょうし、
詳しい話をしたくない場合もあるでしょうから、
そんな時にタロット占いだったら、占いたい問題のテーマ、
例えば「仕事について」とか「恋愛について」とか「今の状況について」
見て欲しいとだけ言えば済むんです。

タロット占いではその問題の現在の状況、近い過去からの影響、近い将来、質問者の心境、質問者を取り巻く周囲の状況(相手の気持ち)、問題がどうなるか、何に気を付けたらいいのか、と言ったことに答えられるので、最初の答えで納得したならばそれでよし、さらに詳しく知りたくなったら、問題を掘り下げて行くことも出来るんです。

「AにするかBにするか」迷ったときカードで状況を見てみることも、
決断をするときの参考になると思いますよ。
是非便利に活用してみて下さい。

占い優占のホームページはこちら!
http://www.euranai.net
[PR]

by tsukinomiya-hiro | 2009-08-06 00:59 | タロット | Comments(0)