占い師が書いてる役には立たないかもしれない話


続 お酒と猫と音楽と…占い師月ノ宮浩ことsachiyaのつぶやき
by tsukinomiya-hiro
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
占い優占のホームページ
月ノ宮浩は銀座優占で水・木・金、鑑定してます。鑑定時間はpm1:00〜pm9:00までたっぷりありますが、お待たせしたり、お断りすることになると申し訳ないので、ご予約頂けると安心です。お問い合わせ、ご予約は銀座優占03−3546−0331へお気軽にお電話下さい。
鑑定料金など、詳しくは
占い優占のHPをご覧下さい。↓↓↓

http://www.euranai.net/
カテゴリ
検索
最新の記事
貧血ならビーツ
at 2017-04-28 00:04
鉄拳さんのパラパラ漫画
at 2017-04-12 03:21
いざという時のために
at 2017-04-11 21:32
お知らせです
at 2017-03-21 14:59
3.11
at 2017-03-11 13:47
お知らせです
at 2017-01-19 09:31
今年もよろしくお願いします
at 2017-01-05 08:49
今年もありがとうございました
at 2016-12-31 01:41
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:その他( 40 )


歌舞伎座の脇にて

e0186586_00321012.jpg
今日、仕事に行くときに見た雲が素敵に見えたのでパチリ。
ちょっと顔のように見える部分があったりして。


台風で被害に会われた方々の一日も早い回復を願っています。
[PR]

by tsukinomiya-hiro | 2016-09-02 00:25 | その他 | Comments(2)

いつの間にやら

昨日からゴールデンウィーク始まっていたみたいですね。
実感のないまま働いておりました。
皆様のGW=ゴンザレスワイヤレス(ふなっしー語)が充実したものになりますように❗

GWもいつも通りお店に居ります。
皆様にお会いできるのを楽しみにしています❤
e0186586_23000164.jpg

そう言えば、昨日祖母が101歳の誕生日を迎えました。
人の寿命って不可思議です。
[PR]

by tsukinomiya-hiro | 2016-04-30 22:46 | その他 | Comments(2)

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
旧年中は鑑定日の変更が多く、大変ご迷惑をおかけしました。
今年もまだ落ち着いたわけではないのですが、
張り切ってお仕事頑張りたいと思います。
いつも感謝してます。
今年もどうぞよろしくお願い致します❗
e0186586_09443351.jpg




[PR]

by tsukinomiya-hiro | 2016-01-01 06:10 | その他 | Comments(2)

暑中お見舞い申し上げます

暑い日が続いておりますが、皆様お元気でしょうか?
近ごろblogの更新が少ない、と反省しております。
暑いといいながらも元気に占いをやってます。店内は涼しくしておりますので、どうぞ安心してご来店ください(*^^*)
e0186586_21512184.jpg

友人にプレゼントしてもらったふなっしー完成。
[PR]

by tsukinomiya-hiro | 2015-07-31 21:45 | その他 | Comments(0)

桜サクラ

e0186586_16514940.jpg

取り敢えず、今年の桜です。
近所で撮影。
e0186586_16534562.jpg

花見を楽しめる環境にいるって、幸せなことですね。
[PR]

by tsukinomiya-hiro | 2015-04-07 16:51 | その他 | Comments(0)

続 3.11 ふなっしーのツイート

添付がうまくいかなかったので改めて載せてみました。(コピペが出来ない…(-_-;)


もし忘れさられるのではと寂しさを感じている人がいたら
声を掛けさせて欲しい。

頼りにならないかもしれないけど。
背中を押させてください。
この日を必ず忘れないから
安心してください。

みんなが一つになったこの日を。
みんなの声が東北に届くように。
空の上にも届きますように。
(https://twitter.com/funassyi/status/575533689783894016?s=09)

 https://twitter.com/download?s=13から公式Twitterアプリをダウンロードしましょう
[PR]

by tsukinomiya-hiro | 2015-03-11 21:54 | その他 | Comments(0)

3.11

今日一日、3.11でYahoo検索をすると、東北復興支援として10円の寄付ができるそうです。

で、さっそく検索しました。
続々と出てくる当時を語る記事を読むのは、家に帰ってからにした方が良さそうです。
…泣いちゃいますからね。

午後2:48分にはふなっしーのツイートが入りました。
今、南極に向かっているはずなのになんだろうと思ったら…。

以下に添付したものがそうです。

これだからふなっしーが好きなんです(^-^)

@funassyiさんのツイート: https://twitter.com/funassyi/status/575533689783894016?s=09
[PR]

by tsukinomiya-hiro | 2015-03-11 21:39 | その他 | Comments(0)

アイスランド

アイスランドのことって全然知らなかったのですが、今夜のテレビで紹介された話を聞く限りでは、かなり好きです。

以下、テレビで見たアイスランド情報です。

アイスランドの警官は銃を携帯していない…銃の、携帯は法律で禁止されているとのこと。

殺人事件なんて年に一回あるかどうかと言っていました。だから銃が要らないと。
それを聞いた日本の取材班の台詞が
犯罪がほとんど起きないなんて、新聞の記事はどうしてるんですか?的な質問で、それを聞いて残念な感じがしました。

かの地の新聞の一面は読んだ人にとってプラスになりそうな情報、たとえば犬ゾリの橇をタイヤに変えたら雪がなくても歩らせることができたおじさんの話とか。現地の人が真似したら役立ちそうな情報です。

殺伐とした事件が一斉に配信され、その情報にさらされ続けることに比べたら随分健康的な気がします。

その2
妖精の存在を信じている人が6割り以上。

あるとき妖精が住んでいるといわれている森に公共道路を作る話が決まったとき、住民たちが反対し裁判を起こしました。判決は、妖精が住んでいる森を破壊することは許されないとして、住民側の勝訴でした。
自然にたいしての畏怖というのでしょうか。なんて素敵な共存の仕方なんだろうと思いました。

妖精見たことあるよ、って人も普通にたくさんいるみたいで、それを否定しない国民性も素敵です。

日本からアイスランド人に嫁いだ女性を取材する番組だったのですが、そのご夫婦も幸せそうてした。
ほんの一部の話を聞いただけですが、こんなに豊かな心を持った人たちが生活してるところなら、きっと楽しく暮らせるだろうな、と思った次第です。

日本人の心にもそういうのあるはずなんですけどね。
最近、変わってきているのかな、と思ったり、それともマスコミの情報が偏りすぎてるせいで、変わってきたように思ってしまっただけなのかな、と思ったり。
ん~(-_-)

e0186586_1162356.jpg

梨の妖精
[PR]

by tsukinomiya-hiro | 2015-03-04 00:39 | その他 | Comments(0)

謹賀新年!

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします(^-^)/
e0186586_15505855.jpg

東京ゲートブリッジにて

皆様にとって素晴らしい一年になりますよ~(。゜▽゜)/:;:;:;:;:;:*+*
[PR]

by tsukinomiya-hiro | 2015-01-05 15:49 | その他 | Comments(0)

映画(永遠の0)を観てきて…

必ず泣くと分かっていたので、覚悟して見に行ったのですが、物語の展開に関係なく、ほぼ全編泣き通しでした(^-^;

戦争映画って、子供の頃は「カッコいい」と思って観ていました。
主役は善、敵は悪。
その構図に疑問を抱くことなく、主役が勝って終わればスッキリ見終わるのが常でした。単純な見方。

でも、いつの頃からでしょう?戦争映画は、戦っている当事者それぞれの立場やその背景等が想像されて、見ることが苦しいものになっています。

作品として、三、四十年前とは戦争の描きかたが変わってきたと言うのもあるでしょうが、こちらも年と共に物事に対する情報量が増えたんですね。だから画面上に提示されていることに色々付け加えて見てしまう。そして、何でもないシーンでも泣いてしまうのです。

「永遠の0」に描かれていた特攻隊、
四十年前は何て勇ましい、日本人にしか出来ない戦いかただと、どちらかと言えば日本の軍隊賛美的な見方をしていました。ですから、大叔父が学徒出陣で兵隊になり、特攻隊のパイロットだったと知ったときは誇らしく思いましたし、彼に会うとその頃の話が聞きたくて聞きたくて仕方ありませんでした。
子供の頃は表のキレイ?なところだけ見て、自分の興味のまま突っ走り、その背景にあるものや、当事者の想いまで考えることができませんでしたから。

こういう単純な輩がプロパガンダに踊らされて無責任なことを仕出かすんですよね。と、反省。

大叔父に話が聞けたと言うことは、彼は特攻に行かなかったと言うことです。(特攻の前日だかに終戦になったそうです)
でも友人の多くは飛び立ち、お亡くなりになっているんです。
どんな気持ちで当時のことを語ってくれていたのか、。

映画を見ていたら、とりとめなく色んなことが思い浮かんできました。
溢れ出てくる様々な思いは出るがまま放置。ですが、様々なご意見があるのは承知の上、敢えて言ってしまえば、死にに行けという作戦や命令を出していた人達と、命令に従って命を賭した人達が靖国神社に一緒に祀られているのはオカシナコトダト思いましたし、そのオカシナ神社に「平和を誓うため英霊に参拝に行く」と言うならば、むしろ知覧、そして第二次大戦の発端となったパールハーバー等へ行く方が筋が通るのではないかと。
権力を持った指導者の舵取りの失敗によって犠牲になった方々の御霊に「平和を誓う」とお参りする方が筋なんじやないかと。

それにしても、今生きているというのは本当に奇跡的な素晴らしいことで、決して当たり前ではないんだな、と改めて思いました。…生きなきゃ。大切に生きなきゃ。

上映が終わり、来た人みんな、何を話し出すこともなく、静かに静かに映画館を後にしたのも印象的でした。
色々考えさせてくれて、見に行って良かったです。

e0186586_8112850.jpg

[PR]

by tsukinomiya-hiro | 2014-01-12 05:49 | その他 | Comments(0)