占い師が書いてる役には立たないかもしれない話


続 お酒と猫と音楽と…占い師月ノ宮浩ことsachiyaのつぶやき
by tsukinomiya-hiro
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
占い優占のホームページ
月ノ宮浩は銀座優占で水・木・金、鑑定してます。鑑定時間はpm1:00〜pm9:00までたっぷりありますが、お待たせしたり、お断りすることになると申し訳ないので、ご予約頂けると安心です。お問い合わせ、ご予約は銀座優占03−3546−0331へお気軽にお電話下さい。
鑑定料金など、詳しくは
占い優占のHPをご覧下さい。↓↓↓

http://www.euranai.net/
カテゴリ
検索
最新の記事
良いことがありますように!
at 2017-08-25 01:43
脚の痛みがスッキリ!
at 2017-08-08 21:09
お知らせです
at 2017-07-03 07:44
ツツジ
at 2017-06-03 20:58
“りょうしん”
at 2017-05-27 00:19
貧血ならビーツ
at 2017-04-28 00:04
鉄拳さんのパラパラ漫画
at 2017-04-12 03:21
いざという時のために
at 2017-04-11 21:32
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:気功・ヒーリング( 9 )


脚の痛みがスッキリ!

先月、母を連れて大明気功院に行って来ました。
なんでも1ヶ月ぐらいずっと脚の痺れと痛みが続いていたと言うのです。
病院嫌いの彼女が自ら病院で検査をお願いするほど、その痛みは酷かったようで、私は彼女が検査に行く1週間前にその話を聞いたのでした。

病院で治るものなら良いけど、そうでなければ気功院に行こう、と言ったところ、よほど辛かったんでしょうね、すぐに予約をいれてと言われました。

検査の結果、病名は脊柱管狭窄症。脊柱管が3ヶ所つぶれていて、神経が圧迫されているために出ている症状でしょうと。
薬が処方されましたが、痛みをとるためには手術が必要らしく、母ははじめから手術はしないと決めていましたから、気功院に行くまでの数日間薬を飲んで耐えていたようです。

そして施術の日を迎え、痛みがとれればいいんだけど、と気功の効果に半信半疑の母を連れて横浜に行ってきました。
施術の時間は30分くらいですが、脚の痺れと痛みはすっかり取れて、あの一ヶ月間はなんだったのかと言うくらいあっけなく問題解決したのでした。
今も痛みがぶり返さないと喜んでいます。

気功の基本は不通則痛ですから、良い気が通っていて、経絡の詰まりがなければ、基本問題ないわけです。詰まっていて通じてないから問題が起きる。と実にシンプルな話なのですが、訓練した者でないと気をコントロールするのは容易ではありません。施術の間、青島先生のやっていることを見ながら真似したり、家で出来ることを教えてもらったりするのですが、何がどう効いているのか自分で判断するのは難しいですね。まだまだ修行が足らんです。

さてさて、痛くて夜も眠れなかったと言っていた母が元通り元気になったので、父も安心した様子。
本当に気功院にはお世話になっています。
e0186586_21575629.jpg






[PR]

by tsukinomiya-hiro | 2017-08-08 21:09 | 気功・ヒーリング | Comments(3)

貧血ならビーツ

先日大明気功院に行ってきました。
この数日眠くて眠くて、なんででしょう?と質問したところ、
軽い貧血、と言われてしまいました。

自分でも毎日のように貧血チェック(鏡の前であっかんべーの目をして色を見ることです)はしていたのですが、あらら、と言う感じです。
帰り道、さっそくビーツを購入。4分の1ぐらいずつ毎日サラダで食べていたら、どうしようもない眠気も収まりました。

ビーツの力は素晴らしい。
レバーよりも即効性があり、個人的には少々お高く感じる野菜なのですが、サプリや薬に頼るよりは安くて安全かな、と。
以前は成城石井でしか見なかったのですが、この間西友で見つけたときは嬉しかったです。身近になってきた感じ⁉

で、ビーツの写真をと思ったのですが、写真を撮る前に食べてしまったので😅代わりに梨の写真を1枚。
e0186586_00240684.jpg




[PR]

by tsukinomiya-hiro | 2017-04-28 00:04 | 気功・ヒーリング | Comments(0)

義母のその後

先月半ば、義母のところに行って来たのですか、その後元気は続き、まだ次の気功はいらないとのこと。(そんなこと言わないで受けて~(^-^;)

掛かり付けの市立病院で検査の結果を聞きましたが、

癌は大きくなっていません、と。

お医者さんはまだまだ予断は許さないと言う気持ちだったでしょうし、何で癌の進行が止まっているのかわからないでしょうし、私たち家族のお気楽ぶりも謎だったでしょうし、希望的な観測は一言もありませんでしたが、
我々は、義母が痛みなく現状維持ならよしとしました。

…義母は自分で気功はしてなさそうなんですよね。(^-^;
こればかりは本人次第なので強制するわけにもいかず、。

ま、痛みがないならよしとしましょう。

病院から帰って、その日はじめて義母から聞いたのですが、

去年11月に癌が分かり、その状態から手術不可能、余命3ヵ月と言われ、その時はもう夏の服なんて着ることもないだろう と、全部夏服を捨てちゃったんだそうです。( ̄▽ ̄;)ショックダッタノワカリマス

今は、また夏の服買わなきゃと言ってます。シマムラデ。(。゜▽゜;)
[PR]

by tsukinomiya-hiro | 2015-05-14 03:20 | 気功・ヒーリング | Comments(0)

近況報告的な…2

先日、義母を連れて大明気功院に行ってきました。
結果は上々。
病名は膵臓癌、ステージ4との診断結果を受けてから1ヶ月以上がたっていました。
本人は痛み止を飲んでもなかなか治まらない痛みに苦しんでいたのですが、それを一瞬にしてピタリと止めてもらったわけです。

義母曰く「狐につままれたみたいだ」と。

東洋医学では「不通則痛」と言って、体のどこかに気の通じていない場所があると痛みが出たり、そこが病気になったりすると説明しています。
義母の場合も通じていなかった気を通じさせたことで痛みがとれたのです。
しかし癌を小さくするためにはまた別の気功法が必要。

青島先生の説明は、

癌細胞は自分が作っているものだから、癌細胞を作らないようにすればよい。
細胞の寿命は約1ヶ月。癌細胞は強い細胞なので3ヶ月ぐらいの寿命と考える。
従って、自分で癌細胞を作らないようにする気功法を続けることで、早ければ3ヶ月、長くても6ヶ月で癌を小さくしたり消失させることができる。

と言うものでした。
この説明を聞いて、義母は本当に喜んでいました。癌を治すことができると確信できたんだと思います。私たちも一安心。

そしてやってはいけないこととして、悪い気の場所に行くことや、心配や不安を抱えて悪いことを考え続けること、等を言われていました。

いわゆる、ストレスを抱えていると病気になる、と言うことですね。

そこで、気功院の報告はこの辺にして、
ストレスへの対処法について。

生きている人なら誰でも多かれ少なかれ何かのストレスを抱えていると思います。でもストレスに負けて病気になるのは割りに合わないですよね。
ただ、残念ながらストレスをなくすことは無理です。これはひとつ乗り越えてもまた新しいのがやってくる。
さて、じゃあどうするのかと言えば、ストレスに強くなれば良いんです。
圧を押し返す強さです(^-^)b
私は心の筋肉を鍛えるんだ、と考えてますが、これは普段使う言葉を少し工夫するだけで鍛えることができます。
天国言葉しか言わないようにするんです。

天国言葉とは、人が聞いていても気持ちいいし、自分で言っても気持ちの良い言葉のこと。

愛してます、ついてる、うれしい、楽しい、感謝してます、幸せ、ありがとう、許します 等々。

この8つの言葉は寝言でも言ってしまうくらい口癖にしてしまうと良いですよ。

会話のなかで使えるようにするには、毎日繰り返し呪文のように声に出して唱えることです。
癖になるまで時間はかかるでしょうが、お金はかかりません。
継続は力なり。

口にした事柄を自分に引き寄せる言霊パワーもついてます。
是非試してみてください。
[PR]

by tsukinomiya-hiro | 2014-12-16 22:16 | 気功・ヒーリング | Comments(0)

近況報告的な?

先月のことですが、義母から連絡があり、かなり深刻な話を聞かされました。
腹痛が続くので病院で検査を受けたら悪性腫瘍が出来ていたとのこと。しかもかなり進んでいるので手術できないと。
当然、本人は大ショックです。
残りの時間をどうするか的なことまで考えていました。

一般的にはそういった反応になるのが普通だと思います。病院の見立てが全てな訳ですから。化学療法を試しても良くなるかどうかわからないと言われれば絶望的な気分にもなるでしょう。

でも私は大明気功院を知っていましたから、驚くと同時に、頭の中では「気功院に連絡しなきゃ」と段取りを考えていたわけです。

問題は義母が気功を受け入れてくれるかどうかでしたが、
幸いなことにあっさりと受け入れてもらい、予約を入れることになりました。
病院では治るかどうかわからないと言われていましたから、義母曰く、藁をもつかむ気持ちだと。

青島先生はかなりつかみがいありますからね、と思いましたが、気功といっても色々なレベルの気功師がいるので、半信半疑なのは仕方ありません。

これは齊藤一人さんが言っていたことですが、
医者が「あなたは難病です」って言ったら、それは「ごめん、俺、治し方わからないんだ」ってことだからね。治し方のわからない人にいくら聞いたってダメなんだよ、
と。

私は幸い、この病の治し方を知っている人に出会ってました。

もし難病や奇病などで苦しんでいる人がいたら、治せるかもしれない場所のあること、人がいることを知っていただきたいですし、縁が結ばれることで体が良くなっていったならそれは嬉しいことです。そんな方々の目に触れることも期待しつつ、これから義母の病がどの様に良くなっていくのか、安定していくのか経過報告していきたいと思います。
[PR]

by tsukinomiya-hiro | 2014-12-12 14:04 | 気功・ヒーリング | Comments(0)

今日の授業

奇跡と言うのはめったに起きないことだから奇跡と言うわけですが、今日の大明気功院での講習会テーマが「気と気功による奇跡と不思議体験」と言うものでして、期待して講習を受けに行ったのですが、…(^-^;

もう、気功院での勉強も長く、気功の効果を実感、体験している者としては、聞くこと全て、「奇跡」ではなく、気功ならば起こり得る当たり前の話としての受け止めかたとなりました。
あ、それ治ります。これも、治ると思います。と言う風に。

そんな風に
治るのが「当たり前」と私が考えている病気の殆どは、西洋医学では治療法がないとか、余命幾ばくとか、言われてしまうものの様なんですが…。

確かに、大明気功院を知る前は、西洋医学を受け入れる気持ちの方が大きかったです。自分の病気を治してもらえなくてもね。ブラック ジャック好きだったし。

でも、なんかおかしい、と言う気持ちが西洋医学以外の物へと向かわせて、こんなご縁を結ばせてもらったんでしょうね。

ま、科学的な検証法を良しとしながらも、まだそれで全てを証明したわけではないと思うような人間だからこの仕事をしているわけで、。自分のカンの良さに満足していますけどね~。

まとめ; 今日の講習会に出て思ったこと。

「奇跡!」と感じ入ってしまう前に、その出来事を調査して吟味しょう。いんちきかもしれないし、再現性のあることかもしれないのだから。

自分の認識不足から「奇跡」だと思っただけかもしれないから。

で、気功の場合は再現性がある「奇跡」ですから、知ったもの勝ち、やったもの勝ちだと思います。

どんなことでも、出会うかどうかは縁ですが、気になったことは今すぐやらないとね。

皆様に良い出会いが有りますように!
[PR]

by tsukinomiya-hiro | 2014-01-18 23:10 | 気功・ヒーリング | Comments(0)

「爆発療法」もどき

先日は体調不良を起こしまして、ご迷惑をおかけしました。
夏バテなんて、ナイナイ、と軽く考えていたのですが、甘かったのかな?
初めは腹痛でしたが、その後痛みがあちこちに移り、熱はないけど体がだるい、痛いといった状態。
汗は止まらないし。。。
病院に行っても悪いところはないって言われるパターンの体調不良だろうな、と思いながら、仕事帰りにニンニクとエシャーロットと長ネギを買って帰り、とにかくそれらを食べて後は腰湯に使って汗を出すと言う作戦に出たところ、翌日は割合すっきりと、悪いものがほとんど出たような感じで楽になりました。
この方法は青島先生の本「からだを自分で変える「気」の医学」講談社にあった爆発療法を応用したものです。風邪の治し方の一つとして紹介されていますが、身体がだるくて重いときには使えるのではないかと思いました。
今年の夏はあまりに暑すぎて、冷房のきいた部屋にいることが多かったのですが、暑い季節に汗を出さない生活をするのは体調を崩す元だと思います。そう感じながらも今年は冷房に頼りすぎてしまった。ちょっと反省です。
ちなみに、ねぎ、ニンニクは肺にいい食材。数年前に中国ではやったSARSも、山東省の人はあまり発病しなかったそうです。青島先生は、山東省ではねぎやニンニクを普段から良く食していたせいではないかと推論しています。(「病を治す哲学」青島大明著 講談社)
また、風邪を引いたときにはいっぱい汗をかきなさいと昔はよく言われましたが、これも身体にたまった悪いものを汗と一緒に出してしまうと言うことで、汗に限らず、咳きでもくしゃみでもあくびでも、身体が出そうとしているものは出すのがいい、と言うことに通じているのでしょう。
高血圧や心臓系の疾患がないのならば、サウナって時には利用するといいのかもしれませんね。

占い優占のホームページはこちら!
http://www.euranai.net
[PR]

by tsukinomiya-hiro | 2010-09-25 01:43 | 気功・ヒーリング | Comments(0)

気功の勉強会に行って来ました。

昨日は横浜の大明気功院の講習会に行ってきました。
そこで聞いてきたことを少し書きたいと思います。

人は時に病にかかることがありますが、感染症の場合は別として、すべての病は「治るもの」という話です。
もちろん東洋医学的、気功的な見方からの話です。それによれば、
生活習慣、環境、食事、行動、イメージ、これらのバランスが崩れ、調和が取れなくなることで異常が発生し病に至るというのです。つまり病の要因はどれも自分の中から作り出されるものであるから、病の要因となるものを作り出さないように生活習慣その他を変えることで治していける、という考え方です。
青島先生は感染症は事故と同じ、外から傷つけられたものだから治し方が違ってくる、とおっしゃっていました。
それ以外の病に関しては、成人している人の場合、「自分で引き起こしているもの」だから、それを止めれば治る方向に変えられるということです。実際、気功院には病院では治せないと言われた病の方々が多く訪れて、症状が改善されたり治ったりしています。
「病は自分で引き起こしている」と言う考え方は受け入れにくいものかもしれません。でも食べ物の好き嫌いや、嗜好品の取りすぎで体調を崩したり病気の原因を作るというのは馴染みのある話ですよね。。。
一番興味を持ったのはイメージが健康を左右すると言う話でした。
イメージには間違ったものも多くあり、間違っているのに信じられているため、自然治癒を妨害している場合も多々あるようです。

この講義を聴いていて、斎藤一人さんのある話を思い出しました。
重い病の人の中には自分が被害者のように感じている人がいる、でも被害者なら加害者がいるはずだ、加害者って誰?、と言うところから始まり、様々なたとえ話をした後に、一人さんは健康になるためには「考え方を変えな」と言っています。今の自分を苦しめている、痛めつけている「考え方」をやめることで身体は治り始め、また身体に感謝することで治り始めると。(斎藤一人「千年たってもいい話」、病気は「食べ物」と「考え方」が引き起こす)

誤解を恐れずに言うならば、気功院の講義で言っていた「イメージ」と一人さんが言っている「考え方」っていうのは同じものではないかなー、と。


占い優占のホームページはこちら!
http://www.euranai.net
[PR]

by tsukinomiya-hiro | 2010-05-18 00:02 | 気功・ヒーリング | Comments(8)

ヒーリングのこと

昨日のりすけさんからコメントを頂きました。ありがとうございます!
そのコメントの中にヒーリングの感想も頂いたのですが、今日はそのヒーリングについて斎藤一人さんの説明を少し紹介したいと思います。

「大宇宙エネルギー療法」というヒーリングは、ヒーリングを行っている人間のパワーで行っているものではありません。ヒーリングを行っている人間は媒介であり、エネルギーの取り次ぎ役というか、パイプの役割です。
このエネルギー(「気」と思って頂いても言いと思います)は、エネルギーを送る人の守護霊さんと、送られる人の守護霊さんが話し合って、どこに送るのか決めるそうです。(またまた変な話で済みません^^;)ですから、ヒーリングをしている私も、どこにどう効いているのかよく分かっていないのです。。。それが気功とは違うところだなぁと思っています。

そして、ヒーリングの結果は3種類になるそうです。
劇的に効果が現れる場合と、じわじわと効果が現れる場合と、全く効果が現れない場合だそうです。でも、その効果の現れ方には意味があるからそうなると言うことなので、効果が出ても出なくても「治れば得だし、治らなくても元々という気持ちで楽しんで受けて下さいね」だそうです。

鑑定を受けて下さった方には無料でこのヒーリングをさせて頂きますので、ご希望の方は気軽におっしゃって下さいね。


占い優占のホームページはこちら!
http://www.euranai.net
[PR]

by tsukinomiya-hiro | 2010-01-22 00:21 | 気功・ヒーリング | Comments(2)