占い師が書いてる役には立たないかもしれない話


続 お酒と猫と音楽と…占い師月ノ宮浩ことsachiyaのつぶやき
by tsukinomiya-hiro
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
占い優占のホームページ
月ノ宮浩は銀座優占で水・木・金、鑑定してます。鑑定時間はpm1:00〜pm9:00までたっぷりありますが、お待たせしたり、お断りすることになると申し訳ないので、ご予約頂けると安心です。お問い合わせ、ご予約は銀座優占03−3546−0331へお気軽にお電話下さい。
鑑定料金など、詳しくは
占い優占のHPをご覧下さい。↓↓↓

http://www.euranai.net/
カテゴリ
検索
最新の記事
貧血ならビーツ
at 2017-04-28 00:04
鉄拳さんのパラパラ漫画
at 2017-04-12 03:21
いざという時のために
at 2017-04-11 21:32
お知らせです
at 2017-03-21 14:59
3.11
at 2017-03-11 13:47
お知らせです
at 2017-01-19 09:31
今年もよろしくお願いします
at 2017-01-05 08:49
今年もありがとうございました
at 2016-12-31 01:41
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


予知夢?

占いの仕事を離れていたころの話です。

ある晩、同僚のSさんが夢に現れました。
Sさんの顔は日焼けしたばかりのように赤く、髪は火事場から出てきたかのように縮れてボサボサです。
ニコニコ笑ってバイクの側に立っています。
会話はありませんでした。

目が覚めてから、何故そのような夢を見たのか気になったので夢判断の本を見たところ、
「赤い顔の人に会う夢は、その人に事故や病気の危険があることを知らせている」とあったのです。
占いの仕事をしている今ならば、迷わずSさんにその話をしますが、当時はこの夢の話をSさんにしていいものかどうか正直迷いました。
Sさんはバイクで通勤している人です。変な夢の話をしたことでSさんを不安に陥れ、実はなんの心配もいらない人に逆に悪いことを呼び込む情報を与えることになってしまうのではないか、と思ったからです。
(もう一つには、Sさんの夢を見たなんて話をしたら、他の同僚に冷やかされるだろうな、と言う俗なためらいもありました。)

結局、この夢の話をしないことに違和感(と言うか、伝えないではいられない気持ち)を感じた私はSさんにこんな夢を見たから注意して下さいね、と話したのでした。(案の定、他の人たちからは冷やかされましたが)

その日、Sさんは笑いながらありがとうと言っていましたが、その2,3日後だったでしょうか、
「バイク廃車になっちゃたよ」とSさん。
何でも首都高を走っているときに突然エンジンが火を噴いたそうです。
走りながらエンジン音に異常を感じ、夢の話も思い出したので、路肩によってスピードを落として走っていたら突然火の手が上がり、煙がモクモク。そのまま動かなくなってしまったのだとか。
「首都高に渋滞作ってきた」と言っていました。

Sさんには夢の話を教えてくれてありがとうと言われましたし、結果として伝えて良かったと思ったのですが、今思い返してみると、私は何度がSさんにそのバイクで送ってもらったことがありました。ひょっとしたらその時にバイクの異変を(気を)感じたためにそのような夢を見たのかも知れません。


占い優占のホームページはこちら!
http://www.euranai.net
[PR]

by tsukinomiya-hiro | 2009-09-23 01:43 | 体験談 | Comments(0)

ぢっと手を見る・・・啄木じゃないよ。

最近手相も見るようになりました。

手のひらを見ると安心します。
色々な悩みを持って相談に来られた方だって、その手を見れば、
今は辛くてもこの人はちゃんとそれを乗り越えて先に進んでいくことが分かるから。

人生の転換期、発展の印なんかも手には現れていることが多いようです。
占星術で人生の転機を読みとっていくには解釈のための時間、つまり天体を1年ごとに動かしてみたり、天体が特別な配置を作る時期を探すなどの時間が必要になるのですが、手相の場合はかなりダイレクトに変化の印が現れていて、時期の読みとりも素早く可能なのです。

何も道具が無くてもその人の状態が分かる相術は便利です。

聞くところに寄れば、その人にとってどれだけインパクトが有る出来事かで手のひらの線の出方は変わるようですが、インパクトがあったかどうかは過去のこと。これから先に起こることがインパクト有ることなのかどうかなんて分かりません。それでも手には何かしらのお知らせが出ているようで。。。
そうなると、運命は決まっているのだろうか?との疑問が起こるのですが、
安心して下さい。
手相は変わります。
変えられます。
考え方を変え、行動が変わることでいくらでも良い相に変えていくことが出来るのです。
やっぱり「運命は変えられる」!


占い優占のホームページはこちら!
http://www.euranai.net
[PR]

by tsukinomiya-hiro | 2009-09-05 03:24 | ひとりごと | Comments(0)

占いはメタ認識に役立つ?!

NHKの「プロフェッショナル」と言う番組が好きでよく見ています。
この間は「逆境からの復活スペシャル」というのをやっていました。

逆境からの復活がテーマですから、登場した人たちは人生が変わるほどの事件(困難)を経験し、乗り越えた人たちばかりでした。追いつめられる、あるいは全てをなくす等の危機的状況からどのようにして立ち上がったのか、その具体的な方法は人それぞれですが、共通していたのは考え方を変えたことだった、と私には受け取れました。

脳科学の言葉では「メタ認識(認知)」とか「脱抑制」というそうです。

逆境にあるとき、当然、人は苦しみますし、絶望的な気持ちになることもあるでしょうし、なんで自分ばかりがこんな目に遭うんだ、と恨みに思うこともあるかも知れません。ずーっとその考え方に捕らわれて、苦しみの中に居続けることももちろん出来ますが、苦しみから抜け出すことも出来るんです。その方法が考え方を変えること。

番組の登場人物のほとんどが、友人や家族の言葉で考え方を変えるきっかけを得ていました。そこから巻き返し、見事復活を遂げた事例が取り上げられていたのですが、「人の言葉」が逆境からの脱出のヒントになっているという話が聞こえたとき、「占い」の役割もそんなところにあるんだよなぁ、と思いました。考えて考えていっぱいいっぱいになってしまって、もうそれ以上の考え方なんて無いんじゃないかと思っても、それはその本人がそう感じてしまっているだけで、実はまだ別の見方(解決方法に結びつく考え方)がもたらされることがある。それが友人や家族の言葉がきっかけになる場合もあれば占い師の言葉がきっかけの場合もある、と言うことで。

元々は吉凶を判じることが主な役割だった占いですが、現代の占いの役割にはカウンセリング的な要素も多く含まれていると考えます。
自分に起きた問題は自分で解くことが出来きます。と言うか、自分しか解ける人間はいないんです。ただし、自分で解くと言っても、「参考書」だって「教科書」だって、問題を解くために使えそうな道具や情報は何でも使って解いていいんです。人に聞いたっていいんです。なので、問題を解くための情報の一つとして、あるいは頭を整理するためにカウンセリングとして占いを使ってもらえたら嬉しいな、と思いました。

占い優占のホームページはこちら!
http://www.euranai.net
[PR]

by tsukinomiya-hiro | 2009-09-01 02:17 | その他 | Comments(0)