占い師が書いてる役には立たないかもしれない話


続 お酒と猫と音楽と…占い師月ノ宮浩ことsachiyaのつぶやき
by tsukinomiya-hiro
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
占い優占のホームページ
月ノ宮浩は銀座優占で水・木・金、鑑定してます。鑑定時間はpm1:00〜pm9:00までたっぷりありますが、お待たせしたり、お断りすることになると申し訳ないので、ご予約頂けると安心です。お問い合わせ、ご予約は銀座優占03−3546−0331へお気軽にお電話下さい。
鑑定料金など、詳しくは
占い優占のHPをご覧下さい。↓↓↓

http://www.euranai.net/
カテゴリ
検索
最新の記事
お知らせです
at 2017-07-03 07:44
ツツジ
at 2017-06-03 20:58
“りょうしん”
at 2017-05-27 00:19
貧血ならビーツ
at 2017-04-28 00:04
鉄拳さんのパラパラ漫画
at 2017-04-12 03:21
いざという時のために
at 2017-04-11 21:32
お知らせです
at 2017-03-21 14:59
3.11
at 2017-03-11 13:47
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧


気功の師匠の本

今月末、青島大明先生の新しい本が出版されます!
タイトルは「なぜ あなたの病気はなおらないのか」講談社

内容がかなり突き抜けているので、これがどんな感想を持たれるのかと、
モニターとして先行して原稿を読ませて頂きました。

おもしろかった。

私は元々、見えない世界やまだ科学では証明できていないことであっても、
自分の経験や、体験から、それらの見えない世界については肯定している部分が多々あったのですが、
今回この本を読んで、あ、なるほど。そう言うことだったのか。と
現代医学が治せない、治し方が解らない病についての説明には納得してしまいました。

それは、「霊」という情報を無視することは出来ない、と言うことなんですが。

でも、怖いことではないんです。

解れば対処できるという話。

というか、医療関係者の方々にも関心を持って頂いて、
たくさんの、病で困っている人を助けるきっかけになればよいのになー、と思ったのです。

逆にね、たたりだの、前世の因縁だの言われて困っている人にも是非読んで頂いて、
そんなの無いから、
今どう生きているか、どんな風に考えて生きているかが重要なんだから、
その「今」について良くなる方向に考えるきっかけになったら良いなと思いました。

死んだ人の思いも、生きている人の思いも、どちらも「気」という情報として飛び交ってます。
(「気」はそれだけじゃないけど、。)
周波数の話。
天国言葉で良い波動を呼びましょうというのも、地獄言葉が悪い波動を呼ぶというのも、
どちらに気を合わせたいかということで・・・。
厳密に言えば違ってくるのかもしれないけど、少なくとも、
幸せになりたかったら、地獄言葉、地獄思いはやめて、天国言葉、天国思いで過ごしましょうね。

悪いものとは「気を合わせない」!
重要ですから。





占い優占のホームページはこちら!
http://www.euranai.net
[PR]

by tsukinomiya-hiro | 2011-06-20 01:43 | お知らせ | Comments(2)

天国言葉、猫さんの場合

昨日実家に行ってきました。
実家には猫が3匹いるのですが、その中の一匹(男の子)はもう10年近く我が家にいるのにもかかわらず、人に慣れてくれません。たまに私が帰った時なんて、私と目が合うと部屋にも入らずに逃げていってしまいます。

そんな子が、昨日はニャアニャアいいながら食卓にやってきて、母の手から魚をもらって食べていた!?
「急にどうしたの?」と驚きました。家にやってきて以来数年、人のそばに自分から寄ってくることなんて一度もなかったのに、この変化は一体どうして?と母に質問してみました。
その答えは、「天国言葉」。
以前はね、ちっとも心を開いてくれないその子に対して、どこかおかしいんじゃないかとか、頭が悪いのかも、とか、ちょっとひどいんじゃない?って言葉ばかりを言っていたのですが、最近「天国言葉」の良さを実感し始めている実家では、猫たちにも話しかける言葉を変えてみたのだそうです。
例えば、可愛いね、お利口さんだね、いつもいい子だね、家に来てくれてありがとう、大好きよ、とかそんな言葉です。
そうしたら本当に数日で変化が現れて、以前よりも人のそばにいる時間が長くなってきたし、おどおどした雰囲気が無くなってきたのだとか。

動物たちは言葉の意味は分からないかもしれませんが、言葉が持っている波動、あるいは言葉の中に込められているエッセンスを人よりも敏感に受け取っているのかもしれません。言葉の意味が分からない動物にでさえ、「言葉(言霊)」は影響を及ぼすのだと、改めて自分が使う「言葉」の重みを感じたのでした。

無自覚に投げかける言葉で相手を喜ばせたり、悲しませたりというのはもうやめにして、これからは、今ここからは、意識的に良い言葉を使っていったら、自分も自分の周りも良い波動にしていける、と実家の猫をみて益々確信を深めたのでした。



占い優占のホームページはこちら!
http://www.euranai.net
[PR]

by tsukinomiya-hiro | 2011-06-06 17:17 | 体験談 | Comments(2)