占い師が書いてる役には立たないかもしれない話


続 お酒と猫と音楽と…占い師月ノ宮浩ことsachiyaのつぶやき
by tsukinomiya-hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
占い優占のホームページ
月ノ宮浩は銀座優占で水・木・金、鑑定してます。鑑定時間はpm1:00〜pm9:00までたっぷりありますが、お待たせしたり、お断りすることになると申し訳ないので、ご予約頂けると安心です。お問い合わせ、ご予約は銀座優占03−3546−0331へお気軽にお電話下さい。
鑑定料金など、詳しくは
占い優占のHPをご覧下さい。↓↓↓

http://www.euranai.net/
カテゴリ
検索
最新の記事
コインランドリー
at 2017-11-05 07:22
お知らせです
at 2017-09-26 10:47
良いことがありますように!
at 2017-08-25 01:43
脚の痛みがスッキリ!
at 2017-08-08 21:09
お知らせです
at 2017-07-03 07:44
ツツジ
at 2017-06-03 20:58
“りょうしん”
at 2017-05-27 00:19
貧血ならビーツ
at 2017-04-28 00:04
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧


今年も一年間ありがとうございました。

e0186586_20153967.jpg

今年も一年間ありがとうございました。
私の鑑定日、年内は明日、26日が最後となります。
お店は30日まで開いてます。
年明けは7日の水曜日から入ってます。

皆様、良いお年をお迎えください(^-^)/
[PR]

by tsukinomiya-hiro | 2014-12-25 20:14 | お知らせ | Comments(0)

近況報告的な…2

先日、義母を連れて大明気功院に行ってきました。
結果は上々。
病名は膵臓癌、ステージ4との診断結果を受けてから1ヶ月以上がたっていました。
本人は痛み止を飲んでもなかなか治まらない痛みに苦しんでいたのですが、それを一瞬にしてピタリと止めてもらったわけです。

義母曰く「狐につままれたみたいだ」と。

東洋医学では「不通則痛」と言って、体のどこかに気の通じていない場所があると痛みが出たり、そこが病気になったりすると説明しています。
義母の場合も通じていなかった気を通じさせたことで痛みがとれたのです。
しかし癌を小さくするためにはまた別の気功法が必要。

青島先生の説明は、

癌細胞は自分が作っているものだから、癌細胞を作らないようにすればよい。
細胞の寿命は約1ヶ月。癌細胞は強い細胞なので3ヶ月ぐらいの寿命と考える。
従って、自分で癌細胞を作らないようにする気功法を続けることで、早ければ3ヶ月、長くても6ヶ月で癌を小さくしたり消失させることができる。

と言うものでした。
この説明を聞いて、義母は本当に喜んでいました。癌を治すことができると確信できたんだと思います。私たちも一安心。

そしてやってはいけないこととして、悪い気の場所に行くことや、心配や不安を抱えて悪いことを考え続けること、等を言われていました。

いわゆる、ストレスを抱えていると病気になる、と言うことですね。

そこで、気功院の報告はこの辺にして、
ストレスへの対処法について。

生きている人なら誰でも多かれ少なかれ何かのストレスを抱えていると思います。でもストレスに負けて病気になるのは割りに合わないですよね。
ただ、残念ながらストレスをなくすことは無理です。これはひとつ乗り越えてもまた新しいのがやってくる。
さて、じゃあどうするのかと言えば、ストレスに強くなれば良いんです。
圧を押し返す強さです(^-^)b
私は心の筋肉を鍛えるんだ、と考えてますが、これは普段使う言葉を少し工夫するだけで鍛えることができます。
天国言葉しか言わないようにするんです。

天国言葉とは、人が聞いていても気持ちいいし、自分で言っても気持ちの良い言葉のこと。

愛してます、ついてる、うれしい、楽しい、感謝してます、幸せ、ありがとう、許します 等々。

この8つの言葉は寝言でも言ってしまうくらい口癖にしてしまうと良いですよ。

会話のなかで使えるようにするには、毎日繰り返し呪文のように声に出して唱えることです。
癖になるまで時間はかかるでしょうが、お金はかかりません。
継続は力なり。

口にした事柄を自分に引き寄せる言霊パワーもついてます。
是非試してみてください。
[PR]

by tsukinomiya-hiro | 2014-12-16 22:16 | 気功・ヒーリング | Comments(0)

近況報告的な?

先月のことですが、義母から連絡があり、かなり深刻な話を聞かされました。
腹痛が続くので病院で検査を受けたら悪性腫瘍が出来ていたとのこと。しかもかなり進んでいるので手術できないと。
当然、本人は大ショックです。
残りの時間をどうするか的なことまで考えていました。

一般的にはそういった反応になるのが普通だと思います。病院の見立てが全てな訳ですから。化学療法を試しても良くなるかどうかわからないと言われれば絶望的な気分にもなるでしょう。

でも私は大明気功院を知っていましたから、驚くと同時に、頭の中では「気功院に連絡しなきゃ」と段取りを考えていたわけです。

問題は義母が気功を受け入れてくれるかどうかでしたが、
幸いなことにあっさりと受け入れてもらい、予約を入れることになりました。
病院では治るかどうかわからないと言われていましたから、義母曰く、藁をもつかむ気持ちだと。

青島先生はかなりつかみがいありますからね、と思いましたが、気功といっても色々なレベルの気功師がいるので、半信半疑なのは仕方ありません。

これは齊藤一人さんが言っていたことですが、
医者が「あなたは難病です」って言ったら、それは「ごめん、俺、治し方わからないんだ」ってことだからね。治し方のわからない人にいくら聞いたってダメなんだよ、
と。

私は幸い、この病の治し方を知っている人に出会ってました。

もし難病や奇病などで苦しんでいる人がいたら、治せるかもしれない場所のあること、人がいることを知っていただきたいですし、縁が結ばれることで体が良くなっていったならそれは嬉しいことです。そんな方々の目に触れることも期待しつつ、これから義母の病がどの様に良くなっていくのか、安定していくのか経過報告していきたいと思います。
[PR]

by tsukinomiya-hiro | 2014-12-12 14:04 | 気功・ヒーリング | Comments(0)