占い師が書いてる役には立たないかもしれない話


続 お酒と猫と音楽と…占い師月ノ宮浩ことsachiyaのつぶやき
by tsukinomiya-hiro
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
占い優占のホームページ
月ノ宮浩は銀座優占で水・木・金、鑑定してます。鑑定時間はpm1:00〜pm9:00までたっぷりありますが、お待たせしたり、お断りすることになると申し訳ないので、ご予約頂けると安心です。お問い合わせ、ご予約は銀座優占03−3546−0331へお気軽にお電話下さい。
鑑定料金など、詳しくは
占い優占のHPをご覧下さい。↓↓↓

http://www.euranai.net/
カテゴリ
検索
最新の記事
辺野古埋め立ては嫌なんです。
at 2018-12-12 01:47
今夜も酔っぱらい
at 2018-10-15 02:30
お休みのお知らせです。
at 2018-08-11 23:56
悲しいです。
at 2018-08-10 01:25
銀座停電
at 2018-08-08 19:11
暑中お見舞い申し上げます
at 2018-07-24 15:30
大人になってきた?
at 2018-05-08 01:55
「東京の空の下」
at 2018-04-03 11:17
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

本の紹介

良い時期なのに上手くいってないと感じている人って、悪い情報を積極的?に受け入れている人が多いみたいなんです。
ほとんどの人が積極的で前向きで一生懸命頑張っているんですけど、でも、何だか上手くいってない。。。
どうしてなんですか?と言う相談をしに来たりするんですが。。。
で、タロットで見てみると、どうやら「悪い情報」を受け取っているらしいカードが出てくるのです。
で、悪い情報ってなんですか?と言われると、それは人それぞれなので何とも言いようがないんですが、すごーく大雑把に言うと、いわゆる「普通に言われていること」に傷つけられていたり、自信をなくしていたりするようなんです。

では、「良い情報」ってどんなものなんですか?、と聞かれたときにお話しするのは、自分を元気にする情報ですよ、と言うことなんですが、個別の鑑定でお話しするのとかぶるところもあるかもしれませんが、皆さんに是非読んでもらいたいと思う本があるので、ここで、月ノ宮浩お勧めの元気が出る本をご紹介したいと思います。

筆頭はもちろん斎藤一人さんの本。
「変な人が書いた驚くほどツイてる話」三笠書房知的生き方文庫

これは占い師を離れていたとき 、ビジネス書関係からたどり着いた本です。私が初めて一人さんの本を読んだのがこれでした。今の一人さんの本はビジネス書とは離れた感がありますが、この本は当時働いていた現場でも、一個人の生き方でも、本当に役に立つ楽しくなる話がたくさんありましたし、今でも読み返す度に発見があります。お勧めです。
その他に「変な人の書いた成功法則」もお勧めです。もとは総合法令出版株式会社からでていましたが、今は講談社α文庫で読むことが出来ます。これ以外にも一人さんの本はお薦めですが、ビジネス書として書いてあるこの辺りの本が、スピリチュアル系苦手or一人さん初体験の方にはお勧めかと思います。

「もう治らない病気だ」と諦めていた多くの人に対して、少しでも夢と希望を抱いてもらい、幸福になっていただけたら幸いです。
と、書いているのは、気功の師匠青島大明先生の
「病気がすべて治る「気」の医学」講談社

私はこの本を読んでその翌日、青島先生の気功院に電話して、気功を学びたい、と会員になりました。
特に難病、奇病を抱えていたわけではありませんが、まあ、確かめたかったんですね。本に書いてることがどのくらい本当なのか。
で、納得しました。
本当に良い先生です。自分の力を惜しみなく使い、治らないと言われた病の方に元気と希望を与え、実際に治しています。人を元気にしたいという気持ちに嘘偽りのない先生です。温かい人です。
気功に興味はありましたが、どこで学ぶかについては???でした。でも、ご縁があって、大明気功院に出会えたことは本当に幸せだと思っています。
青島先生も他に多数の本を出しているので、病院で治すのが難しい、なんて言われた病を抱えている方には一読をお勧めします。

心が温かくなる話、人っていいなー、と思える話を集めた実話集に
「こころのチキンスープ」があります。
昔参加したビジネスセミナーで紹介された本です。正確にはその編者ジャックキャンフィールドの別の本「絶対に成功を呼ぶ25の法則ーあなたは必ず望む人生を手に入れる」小学館、を勧められたのでしたが、その本の中にあるかのように話された「少年と犬」の話を読みたいと思い、ジャックキャンフィールドの名前を覚え、「こころのチキンスープ」にたどりつきました。この人の書いた本も、編集した本も、素晴らしいです。心が癒されたり、励まされたり、頑張ろうという気持ちになります。
人が起こす奇跡、人への親切、目覚めさせる言葉、行動。
それらがなんでもない身近な人たち間で行われていること。ちょっと敏感になれば、今すぐそばで交わされている会話から驚くべき気づきが得られると言うこと。
今、生きていること。そのことへの喜び、楽しさ、もっと幸運な場合には、感謝が感じられる本です。
ハンカチ又はティッシュを用意してお読み下さい。(大げさかな?)


占い優占のホームページはこちら!
http://www.euranai.net
[PR]

by tsukinomiya-hiro | 2010-01-25 03:19 | 体験談 | Comments(0)
<< 幸せになる方法?! ヒーリングのこと >>