人気ブログランキング |

占い師が書いてる役には立たないかもしれない話


続 お酒と猫と音楽と…占い師月ノ宮浩ことsachiyaのつぶやき
by tsukinomiya-hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
占い優占のホームページ
月ノ宮浩は銀座優占で水・木・金、鑑定してます。鑑定時間はpm1:00〜pm9:00までたっぷりありますが、お待たせしたり、お断りすることになると申し訳ないので、ご予約頂けると安心です。お問い合わせ、ご予約は銀座優占03−3546−0331へお気軽にお電話下さい。
鑑定料金など、詳しくは
占い優占のHPをご覧下さい。↓↓↓

http://www.euranai.net/
カテゴリ
検索
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

気功の勉強会に行って来ました。

昨日は横浜の大明気功院の講習会に行ってきました。
そこで聞いてきたことを少し書きたいと思います。

人は時に病にかかることがありますが、感染症の場合は別として、すべての病は「治るもの」という話です。
もちろん東洋医学的、気功的な見方からの話です。それによれば、
生活習慣、環境、食事、行動、イメージ、これらのバランスが崩れ、調和が取れなくなることで異常が発生し病に至るというのです。つまり病の要因はどれも自分の中から作り出されるものであるから、病の要因となるものを作り出さないように生活習慣その他を変えることで治していける、という考え方です。
青島先生は感染症は事故と同じ、外から傷つけられたものだから治し方が違ってくる、とおっしゃっていました。
それ以外の病に関しては、成人している人の場合、「自分で引き起こしているもの」だから、それを止めれば治る方向に変えられるということです。実際、気功院には病院では治せないと言われた病の方々が多く訪れて、症状が改善されたり治ったりしています。
「病は自分で引き起こしている」と言う考え方は受け入れにくいものかもしれません。でも食べ物の好き嫌いや、嗜好品の取りすぎで体調を崩したり病気の原因を作るというのは馴染みのある話ですよね。。。
一番興味を持ったのはイメージが健康を左右すると言う話でした。
イメージには間違ったものも多くあり、間違っているのに信じられているため、自然治癒を妨害している場合も多々あるようです。

この講義を聴いていて、斎藤一人さんのある話を思い出しました。
重い病の人の中には自分が被害者のように感じている人がいる、でも被害者なら加害者がいるはずだ、加害者って誰?、と言うところから始まり、様々なたとえ話をした後に、一人さんは健康になるためには「考え方を変えな」と言っています。今の自分を苦しめている、痛めつけている「考え方」をやめることで身体は治り始め、また身体に感謝することで治り始めると。(斎藤一人「千年たってもいい話」、病気は「食べ物」と「考え方」が引き起こす)

誤解を恐れずに言うならば、気功院の講義で言っていた「イメージ」と一人さんが言っている「考え方」っていうのは同じものではないかなー、と。


占い優占のホームページはこちら!
http://www.euranai.net

by tsukinomiya-hiro | 2010-05-18 00:02 | 気功・ヒーリング
<< どーもすみません! 感謝してます!(言葉の力) >>