人気ブログランキング |

占い師が書いてる役には立たないかもしれない話


続 お酒と猫と音楽と…占い師月ノ宮浩ことsachiyaのつぶやき
by tsukinomiya-hiro
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
占い優占のホームページ
月ノ宮浩は銀座優占で水・木・金、鑑定してます。鑑定時間はpm1:00〜pm9:00までたっぷりありますが、お待たせしたり、お断りすることになると申し訳ないので、ご予約頂けると安心です。お問い合わせ、ご予約は銀座優占03−3546−0331へお気軽にお電話下さい。
鑑定料金など、詳しくは
占い優占のHPをご覧下さい。↓↓↓

http://www.euranai.net/
カテゴリ
検索
最新の記事
お休みのお知らせです
at 2019-08-08 05:58
怒る人
at 2019-07-08 23:36
お知らせです
at 2019-04-22 08:53
猫探し、してました。
at 2019-04-16 13:19
「大統領の執事の涙」やってる
at 2019-02-19 03:06
ハケン占い師アタル また
at 2019-02-15 01:55
ドラマを見て…「アタル」トカ..
at 2019-01-18 02:21
今年も一年ありがとうございま..
at 2018-12-30 23:34
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 04月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


鏡の話

運気を良くするために必要なこととして、その状況に応じた正しい考え方と行動が肝要なのは確かですが、住んでいる場所の気の状態が良くないと効果が現れにくい場合があるようです。

以前、丸い鏡を玄関に置いていたことがありました。
玄関は気の入口です。ここに置く鏡は中に住む人に影響を与えることはわかっていましたが、実際にどんな影響が現れるのか試して見たかったのです。

結果はひどいものでした。

丸や楕円は陰にあたります。陰の性質はものを集めること。良い気も集めるけど悪い気も集めてしまいます。一ヶ月程で「何かおかしいな」と思い、二ヶ月程で「最近の不調は鏡のせいではなかろうか」と丸鏡を外しました。すると1、2週間だったと思いますが、生活状況や体調は以前の状態に戻ったのです。

因みに私の弟が以前同じように玄関に丸鏡を置いていたときは、やたらと出費がかさみ、経済的にかなり逼迫したそうです。(それを何年も続けていたようで…。私に相談してくれたら良かったのにね~)

姿見として鏡を玄関に置いている方は多いかと思います。方形の鏡ならばまぁ問題はないでしょう。四角は陽であり、ものの気を跳ね返す、散じるからです。但し、玄関を開けたとき、真正面になるように置いてしまうと、せっかくの良い気も追い返してしまうので、特殊な場合を除きそれはやめた方が良いでしょう。

e0186586_19382694.jpg

さて、この写真は風水鏡とか、八卦鏡と呼ばれているものです。凹面凸面平面の三種類があり、それぞれ用途が違うのですが、日本の風水書籍を調べると、その説明には諸説ありどれを取ったら良いのかわかりません。
それで購入するのを躊躇していたのですが、横浜の気功院の扉に掛けてあってので、先生に凹面凸面の違いを聞いてみました。
答えはシンプル。
凹面は陰、気を集める性質があるので、良い気を集めたいときに使える。凸面は陽、悪い気の多い場所ではこれで気を散じる、とのこと。陰陽の解釈そのままです。
但し、八卦鏡の場合、八角形の形自体に浄化フィルターの働きがあるので、悪い気を良い気に変える要素がプラスされています。

そんなわけで玄関の鏡は八卦鏡に決まりました。悪い感じはしないので、その後実家にも玄関に取り付けるようプレゼントしました。実家は自営業ですが、仕事が増えたと喜んでいます。(本当に鏡のせいかな?わかりませんよ(^-^;)

この八卦鏡は風水グッズのお店や中華街で手に入ります。通販でもありましたが、値段が高いような気がします。
私が購入したのは380円の一番安いもの。高いのは1万円ぐらいしますが、効果に変わりはないので安いので十分だと思います。

購入した場所は横浜中華街の龍と言うお店。中華街に五店舗あります。関帝廟通り沿いのお店が見つけやすいかと思います。

知りたい方のために
龍のホームページです。

http://www.chinatown-ryu.com

by tsukinomiya-hiro | 2014-03-27 19:20 | 体験談

「当たりますか?」

「当たるも八卦、当たらぬも八卦」
子供の頃からよく聞いた言葉です。
この言葉の意味も出典も未だ調べてはいませんが、子供心に「占いなんてそんなもんだよね」とわかった気になっていました。
占い=曖昧なもの、って感じでしょうか。

で、昔も今も、たまに聞かれるんです。
「当たりますか?」
って。
その質問、私が占い師と分かっていてする人と、分かってなくてする人がいるのですが、

私の答え、

どちらに対しても
「どうでしょうね~?占い師との相性もありますしね~」
てな、感じです。

もちろん、当たらなきゃダメなんですけど、占ったことの結果を伝える言葉は何通りもあるわけで、質問者さんに衝撃を与えそうな答えの場合、やはりダイレクトな発言は避けようと思ったりするわけですよ。
嘘をつくのではなくてね。


私は、私と話した方に元気になってもらいたいんです。
不安を抱えてきたり、悩みがあったりして来た人が、大丈夫なんだ、安心なんだ、と思って帰ってもらいたいんです。
占いの当たるかどうかは大事だけど、先のことで一喜一憂するより、今の過ごし方を工夫して幸せになって、その先も幸せを持続する考え方と行動を見つけて、生き続けて欲しいと思っているんです。


そんなわけで、当たりますか?と言う質問には躊躇してしまうんですよ。
だって、質問にただ忠実に答えたら、良いことばかりじゃないでしょ。それが当たりの答えでも、がっかりして生きる気が失せるかもしれない。

さらに思うことは、「当たること」を重視する方は、運命を変えられないもののように考えているのかな
、と。「あなたの運命は… です」と言われたら、受け入れてしまうのかな、と。


運命は命(いのち)を運ぶと言う意味で、命は生きている「あなた」のこと。
決まっているけど決まっていない、禅問答のようなもの。
舵取りをするのは、生きて意思を持っている「あなた」自身で、何かに流されたとしたら、それは「あなた」が舵取りを放棄したときだけですからね。

「当たる占い」の言葉を集めても良いけど、それはただの情報です。
集めた情報をどう処理して自身に生かすか、。

楽しんで下さい!

by tsukinomiya-hiro | 2014-03-24 00:38 | 信じなくてもいいですよ

「我が家の梅が」

昨日、斉藤一人さんの本を読み返していて、一人さんの人生の楽しみ方の一つに気に入った場所を自分のものにする話があって、もちろんそれは心の中でのお話なんですけど、一緒に旅をしたお弟子さんがその風景に感動していると、一人さんはその場所を「○○さんにあげるよ」と言って○○の丘とか、○○の浜辺とか、名付けてしまう話を思い出しました。

初めて読んだ時はピンと来なかったんですけど、今日、梅を見に行って、ふと、その遊びを思い出して、試してみたんです。

「この梅が咲き乱れる公園は、我が家の庭だ」みたいな。


心の中でそう考えただけなんです
e0186586_232626100.jpg

けど、結構楽しいんですよ、これが。

公園内を歩きながら、庭師の方々が梅の木を手入れしてるのを見たりすると、ご苦労様ですって気持ちになるし、実際の所有地ではないからお金はかからないし、この季節、梅が見たければいつきても良いし、来月は桜が楽しめそうだし、。

試しに「ここは家の庭」なんて冗談で考えただけなのに、気分は平安貴族?!みたいな。

馬鹿馬鹿しいけど楽しくなります。

で、きっと
「ここは私の~」って思いで眺める場所が増えれば増えるほど、その場所、地域、地方、国土、世界って、大切に思う気持ちが広がって満ちていくんだろうなって思った次第です。

e0186586_23431972.jpg


by tsukinomiya-hiro | 2014-03-17 23:07 | ひとりごと

あれから三年

今日、休みだった同居人は、なんでこんなに震災の話ばかりやってるんだって、ちょっといたたまれない気分になったようです。

私が、明日311だよ。三年目だよ。と言ったら、あ、そうか、と、ならば仕方ないと思ったようでした

310は東京大空襲のあった日。311は東北大震災のあった日。

時期は違うけど、亡くなった人がいて、生き残った人がいて、生きている人は沢山の思いを抱えて、今を生きている。

改めて思うのですが、朝別れた家族と夜も同じように会えると思っていたら怠慢だな、と。

私も、同居人といつも仲良しこよしでいるわけではなく、時には朝、見送りたくなかったりするときもあるんですが、それって、今日も無事に帰って来ると思いこんでいるから、そんな気持ちになるんですよね。当たり前の日常だと思っているから。

明日も続く関係だと思っているから、喧嘩したり、憎まれ口きいたり、しちゃうんですよね。

でも311から、

あの日、朝、いってらしゃい、って言って、夜、お帰りなさい、って言えなかった人が沢山いたんだよね。って思って、。


それ以来、いってらっしゃい、も、
またね~、も

それがこれっきりの挨拶になっても後悔しない付き合い方をしていかなきゃな、と思い続けてます。。

by tsukinomiya-hiro | 2014-03-11 01:31 | ひとりごと